朝食エネルギー不足や消費時間をしてはいけない

若い人を中心として朝に食事をする習慣がない人というのがいます。その理由としてはギリギリまで寝ていたいとか、朝に食欲がない、ダイエットしているから、食事を作るのが面倒くさい、食事をとるくらいなら寝ていた方がましだなどが挙げられます。

朝食エネルギー不足や消費時間をしてはいけない

こういう人というのは朝に食事をしなくても別に困らないという風に思っていますが、それは大きな間違いです。朝に食事を取らないといけないことは明白ですので、今回はそういう点について紹介していきます。

朝食べることで体が目覚める

目が覚めた時にさあ頑張ろうということで始められる人もいるかもしれませんが、多くの人は目覚めたとしてもなかなか頭と体が動き出せないという人が多くと当然です。睡眠時は体温が下がりますので、体と脳の活動が低下をしています。目覚めた時にぼけっとしているのはそういうことが背景としてあるからです。

いざ一日の活動を再開するというスイッチが入るのが朝食です。しっかり朝に食べることによって体温を上げることができ、体を目覚めさせます。基礎代謝がアップするとか便秘解消につながるというのはこういうメカニズムがあるからです。朝食べないで出かけてしまうと午前中はなかなかエネルギーが行き届かずに、体温が上がらずに血糖値が上がりませんので、脳や体の働きが悪くなります。

朝食べなかったら太りやすくなる

食事をたくさん摂りすぎると肝臓だけでは蓄えることができませんので、インシュリンが脂肪細胞に対して糖分を送って蓄えてもらいます。

朝食べなかったら太りやすくなる

脂肪細胞は食事が入ってこなかったり、エネルギーが不足した場合は糖分を使うのですが、それまでは大事に蓄えるのです。朝食べなかったとしたら、昼食お腹いっぱい食べてしまうので、かえって脂肪を蓄えるという結果になります。朝食べなかったら回数が減るわけで、エネルギー不足を回避するために、脂肪を溜めこんでしまうわけです。これでは全く意味が無くなり、全然ダイエットにつながらなくなります。

朝食を抜くと一日の活動に支障が出やすい

脳にはブドウ糖が必要になるのですが、朝起きた直後というのは体から送るものがありませんので、そのまま何も食べずに出かけてしまうと無気力状態が続くことになります。
朝食を抜いてはいけません!

それではいけませんので、朝に炭水化物を取ることによりブドウ糖を作り、それを脳に送り都度送り届けなければいけません。

寝ているときであっても少ないながらもエネルギーを消費しています。朝起きた直後というのは栄養が不足していますので、そこで朝に食べることによって必要となる栄養分を摂取して、仕事や勉強、遊びなどに有意義に活動をするのが一番ベストです。有意義な活動をサポートする上でもしっかりと朝に食べることが重要です。

朝に食べたくても食べられない人はどうすればいいのか

朝に食べたくても時間が無くて食べられないという人もいるのではないでしょうか。そういう人は夜更かしをする習慣を止めて早く寝る習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

朝に食べたくても食べられない人はどうすればいいのか

早く寝ればもう少し目覚めが良くなって食事をしたくなるかもしれません。基本的には晩御飯の余りでもいいでしょうし、手早く準備ができるようなものでも十分です。余裕が出てきたときに調理をしてみるというスタンスで全然構いません。

朝に食べることは一日の活力源になる

朝に食べるというのは一日のスタートになりますので、体を目覚めさせるのに必要なことです。朝に食べなかった場合は太りやすくなったり、活動に支障が出たりします。今まで食べられなかった人は何か口にしてみることから始めてみるのがいいでしょう。

【参考サイト】

初公開! 有名社長15人の朝ごはん&朝習慣

「朝ごはん習慣」が体に良い理由 管理栄養士おすすめ!コンビニ飯の選び方

朝食の簡単おいしいレシピ