集中力を高める朝食で学力向上となる

仕事や学業は朝から行われるのであれば、朝から集中力をアップさせたいところですが、緊張や疲れ、朝何も食べていないなどが原因となってなかなか力が発揮できないという人もいるのではないでしょうか。

ここでポイントになってくるのはうまく脳を働かせて集中力をアップさせることにあります。

脳を働かせるためにはブドウ糖と酸素が必要で、朝から活動するのであれば当然ながら朝食にこれらのものを摂取すればいいということになるでしょう。

朝にブドウ糖を摂取すると脳が働く

脳はブドウ糖をエネルギー源としていますので、朝からそういうものを摂取することによって脳の働きを良くすることができます。それによってやる気が集中力が高まりますので、仕事や学業がはかどること間違いなしです。

国立教育政策研究所での調査でも毎日朝から食べる子供ほどテストの得点が高い傾向にあるというデータがあるように、朝から活動をさせるためには朝から食べることが必要になってきます。

脳はエネルギーを蓄えることができませんので、常にブドウ糖が必要になってきます。朝食を抜いてしまうと脳が低血糖を起こすために、どうしても活動的にはならないです。

ブドウ糖は炭水化物を摂取することにより補われるのですが、消化には2時間ほどかかりますので、集中したい時間の2週間前くらいに摂取するのがいいでしょう。時間がない場合は短時間で補えるフルーツなどでも構いません。

やる気をアップさせる飲食物

脳にエネルギーを与えるためにもいい飲食物があります。コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインは集中力を高める効果がありますが、覚醒作用もありますのでほどほどの量にとどめておくといいでしょう。

ブドウ糖を直接摂取できる飲料水としてはスポーツドリンクがあります。運動時の水分補給とエネルギー補給を考えて考案されたものですので、とても機能的です。

チョコレートは集中力だけでなく記憶力などにも効果があります。この要因となっているのが香りと苦みの成分であるテオブロミンがあるからです。

更に、ポリフェノールにはネガティブな感情を軽減し、自律神経の調節機能があります。数ある種類の中からいいのは相乗効果が働きやすいピーナッツチョコレートです。

朝から活動できるようにしておこう

朝から活動するにもかかわらず、活動的でないのは時間がもったいないですので、しっかりと朝食を取って脳にブドウ糖を供給し、しっかりと働かせることが重要です。やる気をアップさせる飲食物なども参考にしてみてください。

朝食にフルーツ青汁をどうぞ!