朝食のダイエットと体内時計の関係性

ダイエットをしているとどれだけ食べ物を摂取しないのかということの目が行きがちなのですが、摂取しないということだけでなく消費するという考えも持っていた方が成功しやすいです。

よくありがちなのが朝食を抜いて一日2食にするという風に考える人もいるわけですが、これは正直言って間違いだと言ってもよく、かえって脂肪を蓄える結果になってしまいます。

なぜ朝食を抜くことがダイエットにつながらないのかということについて説明していきます。

体に脂肪を溜めてしまう

体の中には体内時計というものが脳にあるわけですが、実は胃や腸など各臓器にもそれぞれそういうものがあります。体内時計によって体温調節を行ったり臓器を動かしたり、代謝を活発にしてくれるという効果があります。

朝しっかりと食べることで体内時計がいったんリセットされて、もう一度スイッチを入れるという役割を行い、体がきちんと動いてくれるわけです。

寝ているときというのは胃腸などはほとんど動いていませんが、朝起きてから何も食べていない状態というのは体が飢餓状態だと錯覚しますので、エネルギーをなるべく蓄えようとします。

そのため、次に食べるものをできるだけ体脂肪に変えようとしてしまいます。そのため、結果的に太ってしまうということになりがちです。それに、朝食べなかったからこそ昼食をたくさん取ってしまったり、別のもので埋め合わせることで余計にエネルギーを摂取してしまいます。

夜はエネルギー消費が少ない

皆さんの中には朝昼晩の食事のバランスをどのように考えているでしょうか。多くの人は晩に多く食べるのではないかと思うのですが、夜は実にエネルギーの消費量が日中に比べると少ないのです。エネルギーの消費が少ないのにたくさん食べてしまうと、それは脂肪分として蓄えられてしまいます。

理想としては晩御飯の割合を減らしてそれを朝に持っていくのがいいです。しかし、朝に食べる習慣がないという人は急にそういうことができないでしょうから、少しずつ食べるようにしましょう。

朝に食べるべきものとしては脳の栄養源になる炭水化物と脂肪を燃焼してくれるタンパク質、腸内環境を整える食物繊維です。

ダイエットで朝食を抜かないようにしよう

ダイエットをしたいのはわかりますが、一日の活力源になる朝食を抜いてしまうのは間違いの元です。抜いてしまうと脂肪をかえってためやすくなりますので、ダイエットのためにも朝はしっかりと食べることをおすすめします。

飲む日焼け止め~やかないサプリ