便秘解消につながる朝食メニューやジュースを飲もう

朝食を食べたらいいという風に言われることもあれば、食べなくても別にかまわないという風に言われることもあります。

食べることのメリットの一つとして便秘解消につながるということがあります。

それはつまり朝に食べることによって大腸にきちんと働いてもらうことができればそれが解消するわけです。

朝起きたらコップ一杯の水を飲むといい

朝に食べる食べないにかかわらずどんな人であってもやってほしいことがあります。それは朝起きたらすぐにコップ一杯の水を飲んでください。

水については冷たい水の方が眠気覚ましや胃腸を動かすのにいいのですが、冷え性だったり胃腸がそもそも弱い人であれば冷たい水よりは常温の水もしくは白湯でも全然効果があるので、続けてみてください。

これは何のためにやるのかと言うと、寝ている間に失われた水分を補給する為でもありますが、それだけでなく腸を刺激する為でもあります。腸を刺激することにより活発に動いてくれますので便秘の解消につながります。

便秘解消のために胃・結腸反射をうまく使う

朝食を食べることによって、腸を動かすスイッチが入り、大腸のぜん動運動を促してくれます。このスイッチのことを胃・結腸反射と言い、胃と腸を連携させるためにも必要となるものです。

朝に食べると胃の中に入っていき、それによって大腸は便を肛門に送り出すというぜん動運動をやってくれます。便秘を解消するためにはうまい具合に連携をさせたいもので、そのためには朝に食べる習慣を付けないといけません。

食物繊維を取るのがいい

朝に食べる時には2種類の食物繊維を意識するようにしましょう。一つ目は不溶性食物繊維で、野菜や穀類、豆類などに含まれており、水に溶けにくい性質を持ちます。二つ目は水溶性食物繊維で、水分がある海藻類や果物などに含まれています。

不溶性は大腸のぜん動運動を促してくれますが、それだけでは便が硬くなり、かえって便秘にとって悪くなるので、不溶性と水溶性のバランスを取ることが重要です。

便秘を解消するために朝から腸を動かす

便秘を解消するためには今まで食べ物を入れていない朝に胃・結腸反射を使うといいです。これを促すためにも朝起きたらコップ一杯の水を飲んで、食物繊維が含まれた朝食を取るといいでしょう。食物繊維を取るには水溶性と不溶性のバランスを取ることが重要です。